慎重な私の選択

That's news to me

安全第一は『事故に気を付けましょう』ではない。安全第一とは。

f:id:hammrock:20170503163515j:plain

安全第一とは

『安全第一』って職場や工事現場などでよく見かけますよね。『顧客第一じゃないの』『また安全安全って言ってるよ』と安全安全と日頃口酸っぱく言われている方は嫌気がさしているかもしれません。そんな方は必見です。

みなさんは安全第一と聞いてどんなことを想像するでしょうか。『事故を起こさなければいい』『会社が労災になると大変だから言ってるんだろう』『何も感じない』様々だと思います。言っている方ももしかしたらそう思っているかもしれません。ですが安全第一というのはとても大切な考え方なのです。

安全第一の目的を探ると、安全を優先すれば事故も減って結果的に生産性があがるという話を聞いたことがある方も多いと思います。それもそうなんですけれども、私はもう少し違う視点で捉えることをおすすめします。

安全第一とは『従業員の安全と健康が最優先だ』と宣言しているのです。

みなさんは何のために働いていますか?お金をもらうため、家族のため、仕事が生き甲斐等、人それぞれ様々だと思います。では、仕事をするために生きているのでしょうか。生きるために仕事をしているのでしょうか。私は後者です。自分で満足できる生活を送るために働いています。前者の場合も素晴らしいと思います。人生をかけられる仕事に出会える、又は目指して実現した方もとても幸せだと思います。しかし、どちらにせよ、その仕事が原因で怪我や病気になってしまったらどうでしょうか。私の場合は生活の為に働いているのに本末転倒です。仕事のために生きている方もその仕事が場合によってはできなくなってしまいます。仕事をする理由は多様ですが、怪我をしてもいい、病気になってもいい人などいないのです。

安全第一を掲げているところは、『従業員の安全と健康が最優先だ』と宣言しているのです。大切ですよね安全第一。

仕事中の怪我や病気を心配することなく仕事に打ち込めることは、生産性ももちろんあがりますが、従業員の気持ちも充実します。従業員を大切にしてくれるところの従業員はものすごくやる気も出ると思います。今度安全安全と言われたら『自分の身を案じてくれている』と思いましょう。危ないと感じるところは改善してもらいましょう。安全第一であれば改善に向かうはずです。

どうしてもやりたい仕事でない限り、怪我や病気になるまで頑張らないように気を付けましょう。

『仕事は人生のために』です。