慎重な私の選択

That's news to me

ウイルスバスターが勝手に止まる【HUAWAY Media Pad T2 8 Pro】

f:id:hammrock:20170610101715j:plain

解決しました。ウイルスバスターモバイル月額版のユーザー補助が勝手に停止する現象がおきてまして毎日ユーザー補助を手動で『ON』にしている状態が続いていましたが、やっと解決しましたのでお伝えします。

原因

ネットで情報収集してみると、どうやらバッテリーを節約するための機能が働いていて、自動でバッテリー使用が多いアプリを終了してしまうようなのです。ですのでそこを解決しなければなかったのですが、なかなかこの情報を見つけられずに手動の日々が続いていました。

ウイルスバスター自体は、設定→詳細設定→セキュリティ→端末管理でウイルスバスターが有効になっていて、設定→詳細設定→ユーザー補助でウイルスバスターがONになっていれば、有効になっていると思います。しかし、この設定をしないとユーザー補助がいつの間にかOFFになってしまうのです。

解決する3つの設定

  1. 設定 → アプリ → 詳細設定(左下) → バッテリー最適化を無視 → ウイルスバスター許可にする。 
  2. 端末管理 → バッテリーマネージャー → 電源プラン → ウルトラ省電力以外にする。
  3. 端末管理 → バッテリーマネージャー → 保護されたアプリ → ウイルスバスター保護にする。

 

私は1の設定がなかなか発見できずに、しばらく手動の日々が続いていたのでした。解決してスッキリです。

その後様子を見ていたが…

しばらく大丈夫だったのですが、再発です。またかと思いましたが気を取り直して再調査してみました。

トレンドマイクロのサポートページを確認してみると気になる記事が↓

 「壁紙の加工や管理をするアプリ」が影響することがある

 早速端末を調べてみました。確かに言われてみればロック中の画面が急にかわっていたりすることがあり、その時にウイルスバスターのユーザー補助がOFFになっていることもあったような…とりあえず怪しいところは対処してみます↓

①テーマのアプリを起動すると私の場合はmagazineというテーマになっていました。これは起動する度に壁紙がかわるテーマなのでしょうか?よくわかりませんが今回はmagazine 以外のテーマを選んでみました。

②設定→画面→スクリーンセーバー→OFF

③設定→画面→画面の明るさ→自動をOFF

④設定→画面→視力保護→OFF

⑤設定→画面→太陽光の下での視認性向上→OFF

⑥設定→通知パネルとステータスバー→通信速度を表示→OFF

⑦設定→通知パネルとステータスバー→電池残量表示(%)→OFF

これでまた落ち着いたようなので様子をみてみます。