慎重な私の選択

That's news to me

自転車通勤に必要な準備は。2ヶ月経過して思うことその②

f:id:hammrock:20170521085729j:plain

自転車通勤となると天気が心配ですが、私の装備と実際に通勤してみた感想をお伝えしたいと思います。

雨は意外とネックではない

自転車通勤を始める前は漠然と『雨』が一番ネックかなぁと考えていたのですが違いました。今一番ネックに感じるのは『雷』と『風』です。雷はどうしようもないです。街中を走るときは比較的安心かもしれませんが、田んぼ道等建物が何もないところを走るのは恐怖です。心配性な私は『雷のときは乗らない』ことにしています。自転車通勤が目的ではないのでそこは緩いのです。といっても雷の日は多いわけでありませんし、ある程度天気予報で事前にわかることもありますので天気予報は気にしていますが、雷が原因で乗らなかったことは今のところ1、2回です。

風は意外と盲点でした。快適に自転車通勤をするには『風』が最重要ポイントだといっても過言ではありません。いくら晴れていても風向きと風の強さで快適さが全然違います。この風の影響でもう少し軽い自転車が欲しくなったというのもありますが、これも雷と同じくどうしようもない要素です。

カッパ事情

次に想像以上に良かったのが雨具です。私は雨合羽を着る機会がほとんどありませんでしたので最近のカッパ事情は何もわかりませんでした。仕事着の上に着ようと思っていましたので『仕事着がひどく濡れなければいいかな』くらいの気持ちで、どんなカッパがあるのか調査するためにWORKMANへ行ってきました。

良いカッパが多く驚きました。

レインウェアだけでも多くの商品がありましたが、ちょうど目についたのがバイク用のカッパコーナーです。バイクで大丈夫なら自転車は余裕だなと思い、調査のつもりがその場で購入してしまいました。私が購入したのがこちらです↓

R-005 レインジャケット STRONG|ワークマン  

R-003 レインパンツ STRONG|ワークマン  

それなりに値段もするのかと思っていましたが、私が購入したときはジャケットが1,900円でパンツが1,500円でした。こんなに安く、こんなにいいものが手に入るとは思いませんでした。デザインも良く耐水圧も10,000mmとのことです。耐水圧という言葉は初めて聞きましたが、10,000mmなら大雨でも大丈夫なようです。実際大雨は何回か経験しましたが中は全く濡れません。凄いです。今のところ中も蒸れる感じはありませんし、軽いので晴れの日も毎回着て通勤しています。これから夏にかけてどうなるか楽しみですがまた感想は書きたいと思います。

カッパは大きめがおすすめです

カッパのサイズはワンサイズ上がいいと聞いていましたので私は上だけワンサイズ上にしました。身長178㎝の私は上を3L 、下をLLにしたのですが『正解』でした。仕事道具やお弁当などをショルダーバッグに入れているのですが、防水のカバンではないので雨の日はショルダーバッグをかけてからカッパを着ています。ちょうどよいサイズだと恐らくこれができません。防水のカバンという作戦もありますが、仕事着の上に着たりカバンを背負ってからカッパを着ることを考えるとやはりワンサイズ上がいいのかなと思います。また、このカッパは背中からお尻にかけて長く作られていますのでカバンも濡れにくいです。帽子をかぶったときに顔が出る部分が小さいので、風が強くても帽子が脱げにくいようにも作られています。カッパ初心者の私には十分すぎるカッパです。

予想外にカッパが快適なのでネックに感じていた『雨』はネックではなくなりました。また次も同じカッパを買うと思います。自転車通勤には『カッパ』も重要な要素ですね。次回も引き続き装備と道中の感想です。