慎重な私の選択

That's news to me

高い声は出し方が違った。高い声は喉の筋トレが必要。

f:id:hammrock:20170605215103j:plain

大きな声を出さないと高い音がでない。高い音は張り上げないと出ない。私は常にカラオケではキーも下げていました。しかし、高い声に関する情報を収集をしてみると根本的に出し方が違っていることがわかりました。手探りで実践し、体得するまでの過程をお伝えしています。

先回に続き、練習しているときの感覚をお伝えしたいと思います。コツを掴むのが早い人は体得に近づくかもしれません。

声帯を閉じる』感覚

裏声が強く出るためには息漏れが多い状態よりも声帯を閉じながら裏声を出す必要があります。普段の話し声は声帯が閉じている状態なのですが、裏声は声帯をうまく閉じれていない状態なので息がたくさん漏れて弱い声になってしまいます。しかしこれは裏声が声帯を閉じにくい発声方法なので仕方のないことなのです。ひそひそ話のように息が多いので大きな音が出ません。

息だけ『はぁ~』と吐くと声にはなりません。これは声帯が閉じていない状態だからです。声帯の閉じ加減の私のイメージを5段階にしてみます。①が声帯が閉じていない状態。⑤に向かってだんだん声帯が閉じていくと思って下さい↓

①息だけ

②一般的な裏声

④強い裏声

⑤地声

 声帯が閉じていくにつれて、同じ息の量でも声帯にかかる圧力が強くなり、強い音になっていくというわけです。鼻腔共鳴など、声帯でつくられた音を共鳴させる場所も大事だと言いますが、初めのうちはなかなか響かせる場所を感じるのは難しいと思います。私もさっぱりわかりませんでした。しかし、色々な歌を裏声で歌っているうちに、なんとなく響かせる場所などを意識できるようになってくると思いますのでまずは声帯を閉じることを目指してみた方が私は良いと思います。

初めからできる声帯を閉じる方法

 声帯を閉じると言われても私にはその感覚がさっぱりわかりませんでした。今はわかるようになったのですが、閉じている状態を簡単に作り出す方法があります。簡単です↓

息を止める

これだけです。息をしないのではなくて意識的に息を止めます。息を止めているときは声帯は閉じています。あまり閉じているように感じにくいかもしれませんが、閉じているのです。そのまま息を止めながら少しずつ声を出してみてください。大きく出す必要はありません。ガラガラした声がでたでしょうか。これがエッジボイスと呼ばれている声かと思います。

エッジボイスと強い裏声の関係

 高い声の情報を集めると『エッジボイス』にも行き着くのではないでしょうか。私もこれが『エッジボイス』という正解はわかりませんが、声帯を閉じた状態で声を出したときに、ギリギリ声が出るラインの声だと思っています。うめき声のようなガラガラした声です。

私はエッジボイスについては練習メニューには入れていません。私の中でエッジボイスはトレーニングというよりは『声帯を閉じながら声を出す感覚』を知るのにいい方法だと思っているからです。ですのでエッジボイスをたくさん出せば練習になるかどうかというのは私の中ではハテナですが、裏声でエッジボイスが出せれば裏声でも声帯を閉じれている証拠だと思います。

息を吸いながら声が出る?

声帯を閉じながら裏声を出せるようになると『息を吸いながら声を出せるようになります。』息を吸うときは声帯は開きますので意識的に声帯を閉じないと声にならないのです。私も最初は出来ませんでしたが、出来るようになったので、これが出来るようになればある程度声帯は閉じれるようになってきているのではないでしょうか。

強い裏声が出せるようになると歌える幅が広がります。カラオケで歌いたい曲も得意な歌もかわると思います。最初はマイクで拾えないくらいの弱い声しか出ないと思いますが、強い裏声は地声以上にマイクが拾ってくれるように感じられます。最初の頃は私は人前で出すには恥ずかしい声しか出ませんでしたので『1人カラオケ』で録音しながら練習していました。

強い裏声はとにかく裏声を使う機会を増やすことが大切だと思います。裏声を出しながら自分なりに様々な出し方を試行錯誤しているうちに喉周辺の筋力がついて強い裏声に近づくと思います。

強い裏声を体得すると声の世界が広がります。声を出すことが楽しくなり、ものまねができるような気さえしてきます。楽しいことは『気持ち』にもプラスに働くはずです。なかなかすぐには変化を感じられないかもしれませんが、無理をして喉を痛めては本末転倒です。是非無理をせず気楽に裏声を使う機会を増やしてみて下さい。